OFM-Japan

Franciscan Province of Japan フランシスコ会日本管区

シャール=アンドレ・ラウル・フロアラック神父

Fr. Charles Andre Raoul FLOIRAC
clip_image0021926年1月19日、フランスCouzou Lotに生まれる。1945年8月12日、Ludovici Aquitaniae管区に入会。1946年8月15日初誓願。1950年3月19日荘厳誓願。1952年7月13日司祭叙階。1954年12月24日来日。おもに、さいたま教区内の深谷(創立)、熊谷、行田、東松山、加須、川口、浦和、川越などの教会で司牧、幼稚園を通しての宣教に従事。2月6日に緊急入院するまで、伊勢崎教会の主任司祭として働く。体調が我慢できないほど悪化した2月6日に救急で伊勢崎市民病院に入院。同日の午後、ヘルニアと腸閉塞の手術を受ける。手術は無事に終わったが、後日他の症状が出る。2月13日(月)CTスキャン検査の結果、大腸ガンが発見される。2012年2月16日、手術の準備のために主治医と面談している間に体調が急変し、17時53分肺血栓塞栓症のため帰天。享年86歳。通夜の様子(2月19日)葬儀ミサ・告別式の様子 (2月20日)

OFM-Japan

Franciscan Province of Japan フランシスコ会日本管区